伝統と調和する、

立門前通りに
居を構える誇り。

様々な日本の文化と歴史の価値観が合わさり独自に醸成してきた小江戸川越。
現代と多様な時代が融合する美しい町並みの保存を目的とした
「川越十ヵ町」指定エリア内、蓮馨寺からつづく、立門前通り沿いに誕生する
伝統と調和するレジデンス。

町並と景観を守る川越十ヵ町。

サンクレイドル川越立門前通りの建設地は
「川越十ヵ町地区」に定められる
「松江町二丁目」エリア内。
「川越十ヵ町地区都市景観形成地域」は、それぞれの地域の特性を考慮しつつ、地域の方々と行政が協働しながら、都市景観の形成を図る地域。この方針により、歴史的な町並み景観が保たれ、大切に守り育てられています。
サンクレイドル川越立門前通りの建設地は
「川越十ヵ町地区」に定められる
「松江町二丁目」エリア内。
「川越十ヵ町地区都市景観形成地域」は、それぞれの地域の特性を考慮しつつ、地域の方々と行政が協働しながら、都市景観の形成を図る地域。この方針により、歴史的な町並み景観が保たれ、大切に守り育てられています。
  • 建築物の最高高さは、「時の鐘」の高さを超えないよう16m以下とする
  • 建築物の高さは、周囲の町並みに配慮する
    ※町の境、または道路端(都市計画道路の場合は計画道路端)より25mの範囲
  • 町界線
  • 都市景観形成地域
  • 伝統的建造物群保存地区
出典:川越市 都市計画部 都市景観課

蓮馨寺からつづく
立門前通りに住まう。