時を超えていく街、川越。

LOCATION

この街の魅力、
「文化と歴史と進化の融合」。

本川越エリア

「本川越」駅の周囲には、本川越ぺぺやイトーヨーカドーなど商業施設が充実。
また、百貨店やファッション・グルメなど日常のお買い物に便利なお店が集結する
クレアモール商店街など、散歩気分で街を歩くだけでも楽しい生活環境が拡がっています。

活気と賑わいにあふれ、食品から雑貨、衣料品まで何でも揃う大型ショッピングモール。
  • “がんばる商店街77選”に選出される
    クレアモール商店街。

    クレアモール商店街は、「中小企業庁」が発表した
    「がんばる商店街77選」にて、にぎわいあふれる商店街 として川越エリアにある他の商店街と共に選出されています。

    活気と賑わいにあふれる、県下有数の
    規模を誇るショッピングストリート。
    川越駅東口から伸びる、全長1,200mにおよぶ「クレアモール商店街」は川越新富町商店街と川越サンロードという2つの商店街の統一名称として親しまれています。その規模は関東地方有数の集客力を誇り、県内でみると、大宮駅周辺に次ぐ第2位の繁華街として、賑わいと活気溢れる商店街として人気です。老舗の丸広百貨店川越店や同百貨店のアネックス館、幅広いバリエーションの商業・観光施設が揃っています。

    ※がんばる商店街77選に選ばれた「川越市内7商店街」
    川越サンロード商店街、川越新富町商店街、連雀町繁栄会、大正浪漫夢通り商店街、川越一番街商業協同組合、鐘つき堂商店会、川越菓子屋横丁会
    出典:中小企業庁ホームページ

  • ※掲載の商店街概念マップは、一部施設を抜粋したものです。

  • 丸広百貨店川越店
    (約880m/徒歩11分)

    1939年創業の地元に愛されてきた百貨店。B1階の食品フロアからさまざまな日用品を揃えた7階建。別館は、高野フルーツパーラー・丸善・ユザワヤ他が入る4階建てとなっています。

    小江戸蔵里
    (約504m/徒歩7分)

    明治8年創業の旧鏡山酒造の建築物を、改修。おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵からなり、国の登録有形文化財に指定され、観光スポットとしても人気です。

    ドン・キホーテ川越東口店
    (約1,290m/徒歩17分)

    食料品や家庭用品など、様々な品揃えのディスカウント ストア「ドン・キホーテ川越東口店(B1階~2階)」。3階〜5階にもダイソーなど多彩な生活施設が入店しています。

※徒歩分数は80mを1分として換算、端数は切り上げてあります。道路の混雑状況により所要時間は異なります。
※掲載の写真は2021年1月、3月に撮影したもの、またはイメージです。